サービス

Business Produce

日本経済社会のイノベーションエコシステム創造に向けて

大企業発イノベーションの最前線~次世代の本業を生み出すためのエッセンス~

大企業幹部を中心に多くの反響を集めた「デロイト ト―マツ イノベーションサミット」“大企業発イノベーションの最前線”(2018年9月開催)での登壇資料のダイジェスト版(一部改訂)となります。

Monitor Deloitteとデロイト トーマツ ベンチャーサポートのこれまでの支援実績も併せてご紹介しております。

ダイジェスト版資料

ダウンロードフォームへ

Monitor Deloitte Innovation / Business Produce

グローバルイノベーションプラクティスのジャパンチーム。
クライアントとの共創による日本企業の次代を担う新事業の創出
 

近年、経営トップのアジェンダとして注目を集めている“両利きの経営”における「知の探索」をリードする担い手として、中長期の全社戦略とアラインさせながら、事業創造の構想~EXITまでをEnd to Endで手掛けます。

デロイト人材を推進事業の担当役員級に据えるなど、通常の「新規事業支援」とは一線を画した推進モデルが特徴です。

MaaS、サブスクリプション、ハイテク、売買プラットフォーム他、業界横断テーマで実績が豊富です。
 

>>> 採用ページはこちら

※ 外部サイトにリンクします

Deloitte Tohmatsu Venture Support

国内外3,000社以上のベンチャー支援を軸に大企業による新規事業立ち上げやベンチャー協業支援、官公庁・自治体のイノベーション政策の立案・実行

大企業とベンチャー企業を協業・提携促進、および大手企業内での社内起業の支援を通じ、インパクトある新規事業を創出することをチームミッションに掲げ、イノベーション創出に取り組んでいます。

  • 日本を代表する大企業とベンチャー企業(国内/海外)とのオープンイノベーション
  • 日本のベンチャー企業と海外の大手企業とのオープンイノベーション
  • 社内起業家支援
     

>>> 採用ページはこちら

※ 外部サイトにリンクします

Business Produce主要トピック

デロイト トーマツ グループの新規事業を生み出し続けるDNA

祖業を守り発展させながらも、新規事業を生み出し続け、変革を続けてきたデロイト トーマツ グループに根付くDNAとは?

「変われない」を変える 経済社会の“カタリスト”
NewsPicks Brand Design制作

>>> 記事全文はこちら

※外部サイトにリンクします 

 

 

従来型コンサル/アドバイザリーの限界突破へ挑むデロイト トーマツ

社内外から起業・事業開発・Exit等の経験者及び意欲溢れる人材を集結させ、従来型コンサル/アドバイザリーからの脱却を狙う、Deloitte Tohmatsu Venture SupportとMonitor Deloitteの新たなアプローチ

「変われない」を変える 経済社会の“カタリスト”
NewsPicks Brand Design制作

>>> 記事全文はこちら

※外部サイトにリンクします

 

 

ヤマハ発動機×デロイト トーマツ、1年で成果を出す共創型新規事業開発

クライアントであるヤマハ発動機株式会社 企画・財務本部経営企画部⻑の⻘⽥元⽒と、Monitor Deloitte 棚橋智の対談。従来型コンサルとは全く異なる当事者として、両社の共創によって立ち上げた新規事業・成果を紹介

「変われない」を変える 経済社会の“カタリスト”
NewsPicks Brand Design制作

>>> 記事全文はこちら

※外部サイトにリンクします

 

プロフェッショナル一覧

斎藤 祐馬 YUMA SAITO
デロイト トーマツ ベンチャーサポート株式会社 代表取締役社長

1983年生まれ。公認会計士。2006年有限責任監査法人トーマツ入社、2010年より社内ベンチャーとしてトーマツ ベンチャーサポート株式会社(現 デロイト トーマツ ベンチャーサポート株式会社)の事業立ち上げを指揮し、世界7ヶ国150名体制へと拡大。 ベンチャーと大企業を繋ぐ早朝ピッチイベントMorningPitchを立ち上げたほか、国内3000社のベンチャーネットワークを確立、大企業の新規事業立ち上げサポートや官公庁自治体のベンチャー政策の立案・実行などを手掛ける。2019年より現職。著書に「一生を賭ける仕事の見つけ方」(ダイヤモンド社)。

斎藤 祐馬

棚橋 智  SATORU TANAHASHI
モニター デロイト Business Produceリーダー
デロイト トーマツ コンサルティング合同会社 執行役員

デロイトトーマツ全体のBusiness Produceリーダーであり、デロイトの戦略プラクティス モニター デロイト所属。

高校生の頃から起業家を志し、大学在学中の2005年に起業。東京と上海のスタートアップ共同経営者として経営企画、人事統括等を経験。2010年から中国子会社の代表を経験。2012年にデロイト トーマツ コンサルティング入社。

大企業の中にスタートアップ組織カルチャーを埋め込むInnovation/事業創造コンサルティングに従事し、社内Digital新規事業のリーダーも務める。大企業のイノベーション専門職制度の社外委員や東京大学他の社会起業家育成プログラムメンターを経験。

主な企画記事に、「未来を実装するモニター デロイトのアイデンティティ」(WIRED)、「30代イントレプレナーが描く日本再興戦略とは」、「【新規事業開発のリアル】なぜ、1年で目に見える成果を生み出せるのか」(以上、News Picks)。

棚橋 智