ナレッジ

ブラジル国債への投資に関する平成25年度税制改正の影響

『国税速報』平成26年3月31日号

平成25年度税制改正で国外公社債等の利子を受領した場合および譲渡した場合の個人投資家における課税関係が見直された。国外公社債等の利子の支払時期および譲渡の時期により利子または譲渡の課税関係が異なることになる。また、利子の支払時において国外において外国所得税が課された場合の二重課税の調整方法についても見直しが行われており、ブラジル国債に投資し、みなし外国税額控除の適用を受けるケースを例に解説を行う。『国税速報』平成26年3月31日号

関連コンテンツ

私は、ワールドカップとオリンピック開催に湧くブラジル国債(「本件国債」)の購入を検討しています。平成25年度税制改正において国外公社債等の利子を受領した場合および譲渡した場合の課税関係が見直されたようですが、今後の投資にあたり留意点等はありますか。

検討中の国債の概要は次のとおりであり、日本-ブラジル租税条約第22条に規定するタックススペアリングクレジット(みなし外国税額控除20%相当額)の適用があります。

• 利子: 10%
• ブラジル源泉税: 0%
• 発行日: 2014年4月1日
• 満期日: 2017年3月31日
• 利払日: 年2回/2014年9月30日以降毎年9月30日及び3月31日

なお、本件国債は、日本国内の証券会社を 通じて購入し、一般口座で運用する予定です。
また、私は所得税法上の居住者に該当し、日本国籍を有しています。

(276KB, PDF)
お役に立ちましたか?