ナレッジ

Dbriefs Webcast 「平成27年度税制改正大綱」

アーカイブ/2015年2月17日配信分

平成26年12月30日に公表された「平成27年度税制改正大綱」について、改正のポイントをタイムリーに解説します。

関連コンテンツ

平成27年度税制改正大綱

配信日: 2015年2月17日
司会進行: 税理士法人トーマツ 名古屋事務所 パートナー 樋口 亮輔
講師: 税理士法人トーマツ 名古屋事務所 ディレクター 石田 賢司
税理士法人トーマツ 名古屋事務所 マネジャー 森 一真   


平成26年12月30日に公表された「平成27年度税制改正大綱」について、改正のポイントをタイムリーに解説します。
今回の税制改正大綱では、デフレ脱却・経済再生をより確実なものにしていく観点から、法人税率引下げと課税ベース拡大等の法人税改革、地方創生に向けた税制措置、消費税率引き上げ時期の変更等が発表されました。
また、G20・OECDが推進している「BEPS(税源浸食と利益移転)プロジェクト」等の取り組みの趣旨を踏まえ、クロスボーダーの取引や人の動きに係る課税の適正化に向けた取り組みも盛り込まれています。

今回は、法人税を中心に下記の改正点について税務の専門家がわかりやすくご説明します。

• 法人税率の引き下げと課税ベースの拡大等の改革
•Ÿ 地方拠点強化税制の創設
•Ÿ 消費税率引き上げ時期の変更等
•Ÿ その他改正点について

>> このWebcastの視聴は終了いたしました

※視聴期限: 2015年8月17日

お役に立ちましたか?