ナレッジ

相続税:リマインダー

Japan Inbound Tax Alert:2015年2月号

平成25年度税制改正により相続税法が改正され、相続税および贈与税の課税対象が拡大した。本改正により、日本国籍を有しない個人で日本に住所を有しない者が、日本に住所を有する者から相続もしくは遺贈または贈与により取得した国外財産を、相続税または贈与税の課税財産の範囲に含めることとなった。本改正は平成25年4月1日以後の相続もしくは遺贈または贈与により取得する国外財産に適用される。(Japan Inbound Tax Alert:2015年2月号)

関連コンテンツ

平成25年度税制改正により相続税法が改正され、相続税および贈与税の課税対象が拡大した。本ニュースレターでは、下記のテーマについて解説する。

  • 相続税:重要な改正
  • 相続税・贈与税の納税義務者の範囲の改正
  • 税率引上げおよび基礎控除額の引下げ
  • 出国税の導入(平成27年度税制改正大綱:今後の動向に要留意)
     

>> Click for English [Japan’s Inheritance Tax – A Reminder]

(156KB, PDF)

関連サービス

サービスのご案内

高度かつ深い知識、豊富な経験を有する税務専門家が、国内企業、在日外資系企業に対して、税務コンサルティングおよびコンプライアンス業務を幅広く提供します。

お役に立ちましたか?