ナレッジ

法人事業税・住民税に係る平成27年度税制改正

Japan Tax Newsletter:2015年4月1日号

平成27年度税制改正により、法人事業税の外形標準課税の拡大のみでなく、その課税標準の計算について新たな措置を設けることとされた。また、法人住民税については、均等割の税率区分の基準について計算方法の見直しが行われた。それぞれの税額は高額でなくても、総額では重要な金額になることがあるため、内容を確認しておく必要があると思われる。(Japan Tax Newsletter:2015年4月1日号)

関連コンテンツ

本ニュースレターでは以下のトピックについて解説する。

1. 法人事業税の外形標準課税の概要と平成27年度改正内容
2. 法人住民税均等割の概要と平成27年度改正内容

 

(343KB, PDF)

関連サービス

サービスのご案内

高度かつ深い知識、豊富な経験を有する税務専門家が、国内企業、在日外資系企業に対して、税務コンサルティングおよびコンプライアンス業務を幅広く提供します。

お役に立ちましたか?