ナレッジ

平成30年度税制改正によるスピンオフ(適格株式分配)を見据えたグループ内組織再編における適格要件の緩和

Japan Tax Newsletter:2018年12月1日号

平成30年度税制改正においては、競争力強化のための措置として、事業再編の環境整備に関する措置を講ずることとされ、多段階型再編等多様な手法による事業再編の円滑な実施を可能とするため、組織再編の適格要件等を見直す改正が行われた。

平成29年度税制改正において、従来は非適格組織再編と取り扱われてきたスピンオフに関して、一定の要件を満たすものについては適格組織再編として取り扱われることとなったものの、スピンオフを見据えたグループ内再編については株式の保有関係に関する組織再編の税制適格要件(適格要件)を満たさず、非適格組織再編として取り扱われるケースがあった。平成30年度税制改正では、スピンオフを見据えた一定のグループ内再編について、株式の保有関係に関する適格要件が緩和された。

本ニュースレターでは平成29年度税制改正で導入されたスピンオフに関する適格要件を確認しつつ、平成30年度税制改正の概要について、以下5つのトピックに分けて解説する。

1. はじめに
2. スピンオフ税制の概要
3. 平成30年度税制改正の概要
4. 当初の組織再編が合併以外である場合
5. おわりに
 

※全文はPDFをご覧ください。

(412KB, PDF)

※本記事は、掲載日時点で有効な日本国あるいは当該国の税法令等に基づくものです。掲載日以降に法令等が変更される可能性がありますが、これに対応して本記事が更新されるものではない点につきご留意ください。

関連するサービス

お役に立ちましたか?