ナレッジ

適格請求書制度を見据えた消費増税及び軽減税率対応:飲食料品を取り扱う小売業者の検討事項について

Japan Tax Newsletter:2018年12月1日号

2019年10月1日に予定されている消費税率10%への引上げに伴い、飲食料品及び定期購読契約の新聞につき8%の税率を適用する軽減税率の制度が導入される。さらに、この軽減税率の実施に伴い、適格請求書等保存方式(適格請求書制度)への移行の準備段階として、2019年10月1日から2023年9月30日まで区分記載請求書等保存方式が適用されることとなる。

本ニュースレターでは、軽減税率制度の影響が最も大きい飲食料品を取り扱う小売業者等を中心に、新制度導入に向け今後の対応方針を決める上で検討が必要となる主な事項等について、以下5つのトピックに分けて解説する。

1. はじめに
2. 消費税率増税等の今後のスケジュールについて
3. 新制度対応のために必要な検討事項
4. 軽減税率対象商品の販売がない事業者の軽減税率の影響
5. おわりに
 

※全文はPDFをご覧ください。

(404KB, PDF)

※本記事は、掲載日時点で有効な日本国あるいは当該国の税法令等に基づくものです。掲載日以降に法令等が変更される可能性がありますが、これに対応して本記事が更新されるものではない点につきご留意ください。

関連するサービス

お役に立ちましたか?