ナレッジ

外国法人の日本子会社が清算して親会社に残余財産の分配をする際の留意点

『国税速報』平成27年3月16日号

内国法人が米国親会社に残余財産の分配をする場合には、みなし配当の計算を行い、みなし配当が生じる場合には源泉所得税を納付する必要があります。(『国税速報』平成27年3月16日号)

関連コンテンツ

【疑問相談】国際課税

「外国法人の日本子会社が清算して親会社に残余財産の分配をする際の留意点」

Question:
当社は、米国に本社を持ち産業用機械装置の製造を営んでいる外国法人の
100%日本子会社です。このたび、米国親会社のグローバル戦略の一環として産業用機械装置の製造拠点を日本以外の拠点に集約にすることになり、日本からは撤退することが決まりました。当社は清算にあたり、保有する土地・工場・機械装置等の資産を全て売却したうえで、残余財産として金銭を米国親会社に分配することを予定していますが、これら残余財産の分配にあたり税務上留意すべき点を教えてください。なお、米国親会社は日本において支店等のPEは有しておらず、10年前に当社を設立して以来当社の株式を保有し続けております。また、日米租税条約の特定条項に定める居住者要件等の一定の条件を満たしております。

Answer:
添付PDFをご覧ください。

(261KB, PDF)

関連サービス

サービスのご案内

高度かつ深い知識、豊富な経験を有する税務専門家が、国内企業、在日外資系企業に対して、税務コンサルティングおよびコンプライアンス業務を幅広く提供します。

お役に立ちましたか?