ナレッジ

過大支払利子税制の適用について

『国税速報』平成27年9月21日号

関連者等に係る純支払利子等の課税の特例(いわゆる過大支払利子税制)とは、法人が関連者に対し支払う利子の額を基礎として計算した金額が、その法人の所得金額をもとに計算した所定の金額の50%を超える場合、その超える部分の金額は損金の額に算入できないとする制度です。具体的には、関連者純支払利子等の額が調整所得金額の50%相当額を超える場合、その超える部分の金額に相当する金額は課税所得の計算上加算・社外流出として取り扱われることとなります。(『国税速報』平成27年9月21日号)

関連コンテンツ

【疑問相談】法人税

「過大支払利子税制の適用について」

Question:
当社は、日本国内で映画製作を行う外資系内国法人です。事業資金は主として米国に所在する100%親会社(日本に恒久的施設を有しない)からの借入により調達しておりますが、借入額が親会社の資本持分の3倍を超えることから、これまで過少資本税制の適用を受けていました。ところで、平成24年度税制改正により国外の関連者からの借り入れについては従来の過少資本税制に加え、新たに過大支払利子税制も適用されることになったと聞きましたが、それについて当社が所得計算上及び税務申告上留意すべき点があれば教えてください。
なお、国外関連者に対する当期の支払利子計上額は約800万円であるため、過大支払利子税制の適用除外になると理解しています。

Answer:
添付PDFをご覧ください。

(396KB, PDF)

関連サービス

サービスのご案内

高度かつ深い知識、豊富な経験を有する税務専門家が、国内企業、在日外資系企業に対して、税務コンサルティングおよびコンプライアンス業務を幅広く提供します。

お役に立ちましたか?