ナレッジ

従業員共済会(任意団体)をめぐる課税関係

『国税速報』平成27年3月9日号

従業員共済会は単に共済会、(職員)互助会などと呼ばれることもありますが、その名の通り従業員同士の相互扶助を目的とした団体です。今回は従業員共済会(任意団体)をめぐる課税関係について解説します。(『国税速報』平成27年3月9日号)

関連コンテンツ

【疑問相談】法人税

「従業員共済会(任意団体)をめぐる課税関係」

Question:
A社は、このたび従業員の福利厚生に資するため、A社グループ全社の従業員を会員とする従業員共済会(以下、「Aグループ共済会」といいます。)を設立することを考えています。
Aグループ共済会の当面の事業としては、慶弔給付金の支給、けがや病気による休職補償金、会員が死亡した場合の遺児年金の支給などを予定しています。ゆくゆくは会員に対する低利の金銭貸付や、保養所の運営も行う予定です。設立当初の資金は各グループ会社がそれぞれの従業員人数に応じて負担することとします。その後の運営資金は、会員からの会費収入(給与天引きにより集金)とA社および各グループ会社からの負担金を想定しています。なお、グループ内には一般財団法人B財団(非営利型法人)もあります。
従業員共済会は、法人格を持たない任意団体を想定していますが、法人格を持つ場合と比較して税務上の取扱いはどのように異なるのでしょうか。また、A社、B財団その他の各グループ会社の法人税課税に影響を及ぼすことはないでしょうか。

Answer:
添付PDFをご覧ください。

(314KB, PDF)

関連サービス

サービスのご案内

高度かつ深い知識、豊富な経験を有する税務専門家が、国内企業、在日外資系企業に対して、税務コンサルティングおよびコンプライアンス業務を幅広く提供します。

お役に立ちましたか?