ナレッジ

OECDによる自動的情報交換(AEOI)ポータルサイトの始動

国際税務 OECD/CRS関連情報/2015年10月21日

経済協力開発機構(OECD)は、かねてより予告していたとおり、2015年10月13日に共通報告基準(CRS)導入のための重要情報を集約した自動的情報交換(AEOI)ポータルサイトを立ち上げた。(国際税務 OECD/CRS関連情報/2015年10月21日)

経済協力開発機構(Organisation for Economic Co-operation and Development:以下「OECD」)は、かねてより予告していたとおり、2015年10月13日に共通報告基準(Common Reporting Standard:以下「CRS」)導入のための重要情報を集約した自動的情報交換(Automatic Exchange of Incormation:以下「AEOI」)ポータルサイト:http://www.oecd.org/tax/automatic-exchange/(OECDウェブサイト(英語))を立ち上げた。

AEOIポータルサイトには、CRSの最新情報が今後も掲示されるほか、参加国の納税者番号や居住者要件の詳細が掲示されており、日本の金融機関にとってもCRS対応を行う上で有益な情報が多数含まれている。ここでは、AEOIポータルサイトの概要や本サイト上入手可能な情報を記す。

1.最新情報(WHAT’S NEW)

本サイトのトップページにおいて、CRSに関する最新情報が掲示されている。今後も、随時アップデートされるため、定期的に閲覧することが推奨される。

現時点では、以下の情報が掲示されている。

2015年10月

  •  AEOIポータルサイトの立上げ

2015年8月

  • CRS導入ハンドブックの公表
  • 海外口座自主申告プログラム(Offshoare Voluntary Desclosure Program:以下「OVDP」)第2版の公表
  •  CRSについてのよくある質問

2.これまでの経緯(ABOUT AUTOMATIC EXCHANGE)

本サイトでは、CRSの策定過程、CRS多国間協定(Multilateral Competent Authority Agreement:以下「MCAA」)の調印状況、CRSの円滑かつ統一的導入のためのOECDおよび税の透明性および税務目的の情報交換に関するグローバルフォーラム(Global Forum on Transparency and Exchange of Information for Tax Purposes:以下「グローバルフォーラム」)による取組み等を時間の流れに沿って一覧することができる。

3.CRS(COMMON REPORTING STANDARD)

金融口座の自動的情報交換のための新国際基準(Standard for Automatic Exchange of Ficancial Account Information in Tax Matters:以下「新基準」)は、G20の要請に応えて開発され、2014年7月15日、OECDの議会において承認された。CRSへの賛同国政府は、今後、新基準に基づき、国内法を整備し、金融機関から情報を入手し、毎年これを他国政府と自動交換することを要求する。

新基準は以下の4項目から構成される。

  • CRSに基づく自動情報交換のための国際的な法の枠組みを定めたモデル協定(Model Competent Authority Agreement:以下「CAA」)
  • CRS
  • CAAおよびCRSのコメンタリー(解説書)
  • CRS XML スキーマ説明書

OECDは、CRS導入ハンドブックを公表しており、ここには政府および金融機関向けの実用的なガイダンスやCRSとFATCA(Foreign Account Tax Compliance Act:外国口座税務コンプライアンス法)の相違点等が収録されている。また、OECDは、CRSに関するよくある質問の更新を随時行っている。さらに、本サイトにおいてCRSの全文を閲覧することができる。

4.CRS多国間協定(INTERNATIONA FRAMEWORK FOR THE CRS)

2014年10月29日、CRSに基づく自動的情報交換を多国間で可能とするMCAAに51カ国が調印した。現在ではその数は61カ国に上る。

本サイトではMCAA調印済み国および賛同国を含む参加国を一覧することができる。また、2016年上旬以降、MCAAに基づき、2カ国間で自動情報交換のための関係が効果的に構築されているか否か、いつ構築されたかを本サイト上確認することが可能となる予定である。 

5.CRSの導入およびサポート(CRS IMPLEMENTATION AND ASSISTANCE)

(1) 各国における導入状況

CRS導入に当たって各国の法令および手引き等の概要および準備の進捗状況が、2015年10月下旬以降本サイトに掲示される予定である。

(2) 納税者番号および税務上の居住地情報

本サイトでは、納税者および金融機関のCRS上の義務履行のために各国が提供している納税者番号および税務上の居住地ルールを閲覧することができる。

(3) 導入のサポート

OECDおよびグローバルフォーラムは政府のCRS導入をサポートしている。上記のとおり、OECDは2015年8月にCRS導入ハンドブックおよびOVDPの第2版を公表した。

(4) テクニカルサポート

グローバルフォーラムは、そのメンバーのために次の3つのテクニカルサポートを提供している。

  • 導入国向けトレーニングセミナー
  • 直接的な助言
  • 発展途上国のためのパイロットプロジェクト

また、グローバルフォーラムのウェブサイトにてトレーニングセミナーのスケジュール等を検索できるイベントカレンダーを閲覧することができる。

6.コミットメントおよびモニタリング制度(COMMITMENT AND MONITORING PROCESS)

グローバルフォーラムが、CRSの導入およびモニタリングに関し、中心的な役割を担っている。グローバルフォーラムは、OECDにより、すべての国・地域が、税務問題における国際協力に係る同一の高い水準を遵守し、各国政府が共に租税回避を取締まり、防止することを実現するために設立され、現時点で127の国・地域が加入としている。

グローバルフォーラムが新基準の世界的導入の実現のために行ってきた3つの活動は、賛同国に宣誓を求めるコミットメント(Commitment)プロセス、監視(Monitorinig and Review)プロセス、および導入サポート(Implementation Assistance)であり、本サイト上でそれぞれの活動の詳細を閲覧することができる。この中でも、監視プロセスとして、2018年以降、各国のCRS施行状況について詳細な検証が実施される予定であることが明記されており、注目される。監視プロセスは、グローバルフォーラムの下部組織として、2013年に設立されたAEOIグループにより、計画、実施される。なお、グローバルフォーラムによるサポートは、要請に応じた情報交換および自動情報交換の双方において提供される。

おわりに

日本においては、2015年度税制改正により、新たに「非居住者に係る金融口座情報の自動的交換のための報告制度」が創設され、既に法令、施行令、施行規則が公表されている。CRSは、FATCAのモデル1をベースとしているため、多くの部分でFATCAの手続と整合性があるが、必ずしもすべて一致しているわけではなく、ギャップを洗い出し、FATCAで構築したコンプライアンスプログラムの修正が必要となる。今後、政府からガイダンスやQ&Aが公表されることが期待されるが、当面、微妙な解釈については、AEOIポータルサイトの情報が1つの判断材料になるものと考えられるので、積極的に活用されたい。

PDF

こちらから記事の全文がダウンロードできます。

(249KB, PDF)

関連サービス

デロイト トーマツ税理士法人 米国税務サービスグループと有限責任監査法人トーマツ 金融インダストリーグループで協力体制を構築し、的確なFATCA対応サービスを提供します。また、IRS(米国内国歳入庁)と強力なコネクションを持ち、かつ国際税務・米国源泉徴収制度に豊富な経験を有するデロイトのFATCAグローバルチームとの連携により、米国税務およびIRSの最新の情報を入手し、迅速な対応を行います。

お役に立ちましたか?