ナレッジ

FATCA報告手続の解説

米国税務 QI/FATCA関連情報/2015年4月1日

2015年3月24日、米国内国歳入庁(IRS)は、不同意米国人口座の報告期限に関する猶予措置を発表したが、デロイト トーマツでは、当該猶予措置の発表以前に、既に多数の金融機関からの依頼に基づいて、初回FATCA報告の代理申告を完了している。本ニュースレターでは、FATCA報告に関して、特に金融機関からの問い合わせが多いデジタル証明書の取得とデータパケットの作成について解説する。(米国税務 QI/FATCA関連情報/2015年4月1日)

関連コンテンツ

デロイト トーマツが行った代理申告には、不同意米国人口座および同意米国人口座を保有する日本の金融機関、および、報告対象口座がない日本の金融機関のゼロ報告が含まれる。ただし、日本の金融機関において、ゼロ報告は必須ではない。

本ニュースレターでは「1.デジタル証明書の取得」、「2.データパケットの作成」について説明する。

(257KB, PDF)
お役に立ちましたか?