ナレッジ

初回のFATCA報告に向けた電子申告の手順および報告データ作成方法に関するユーザーガイドを公開

米国税務 QI/FATCA関連情報/2015年1月23日

FATCAが2014年7月1日に施行され、初回のFATCA報告が2015年6月29日(不同意米国人口座の場合は、2015年3月31日)に迫る中、米国財務省およびIRSは電子報告の手順、および報告データの作成方法についてのユーザーガイドを相次いで公表している。(米国税務 QI/FATCA関連情報/2015年1月23日)

関連コンテンツ

FATCA報告様式8966は、原則電子的手段で報告データをIRSに送信する電子報告のみ受け付けており、金融機関がすべて自社対応で報告を行う場合にはシステム構築が必要になる。報告期限までの時間的余裕、システム開発に伴う費用、英語で書かれたガイドラインへの対応等をかんがみると、多くの金融機関にとって自社対応は現実的ではないものと考えられ、代替手段の検討が早急に必要であると思われる。

(238KB, PDF)
お役に立ちましたか?