ナレッジ

FATCA/QI最新情報

米国税務 QI/FATCA関連情報/2015年5月26日

2015年5月19日、20日、ニューヨークにおいて、Executive Enterprise Instituteが主催する源泉徴収および報告についての国際税務カンファレンスが開催され、米国内国歳入庁(IRS)や、弁護士事務所、会計士事務所の専門家が多数スピーカーとして参加し、外国口座税務コンプライアンス法(FATCA)を中心に、適格仲介人(QI)制度、OECD多国間情報交換制度についてプレゼンテーションと質疑応答が行われた。(米国税務 QI/FATCA関連情報/2015年5月26日)

関連コンテンツ

本ニュースレターでは、日本の金融機関に関連する重要トピックの概要をお伝えする。

  1. スポンサー付FFIのGIIN番号取得手続
  2. 口座開設時の自己宣誓
  3. みなし協定締結国(IGAs in Substance)
  4. FATCA報告期限再延長の可能性
  5. 出生地が米国(US Place of Birth)
  6. FATCAおよびQIガイダンス
  7. Notice 2015-10
  8. 内国歳入法871(m)条デルタ基準
(234KB, PDF)
お役に立ちましたか?