ナレッジ

FATCA、QIに関する諸規則の修正について

米国税務 QI/FATCA関連情報/2017年1月5日

2016年12月30日、米国財務省と米国内国歳入庁は、更新FFI契約、最終QI契約およびFATCA、QIに関する諸規則の修正を公表した。(米国税務 QI/FATCA関連情報/2017年1月5日)

はじめに

2016年12月30日、米国財務省と米国内国歳入庁(Internal Revenue Service:以下「IRS」)は2つのRevenue Procedure(歳入手続)、および2017年1月6日にFederal Register(連邦広報)により公表予定の4つの財務省規則を公表した。

概要

  • 最終適格仲介人契約(Final QI Agreement)-Rev. Proc. 2017-15(IRSウェブサイト(英語、PDF))は、2017年1月から適用される最終の適格仲介人(Qualified Intermediary:以下「QI」)契約を規定する。Notice 2016-42(IRSウェブサイト(英語、PDF))で公表されたQI契約案について提出されたコメントを反映した修正が含まれている。既存のQIは、2017年3月31日までにQI用に新設されたウェブサイトにおいて更新手続きが必要となる
  • 最新の外国金融機関契約(Updated FFI Agreement)- Rev. Proc. 2017-16(IRSウェブサイト(英語、PDF))は、最新の外国金融機関(Foreign Financial Institution:以下「FFI」)契約を規定する。これにより、2016年12月31日で失効したRev. Proc. 2014-38(IRSウェブサイト(英語、PDF))で公表された既存のFFI契約は置き換えられるが、Reporting Model 2 FFIである日本の金融機関も2017年7月末までに更新手続が必要となる
  • 最終および暫定財務省調整規則(Final and Temporary Coordination Regulations)-TD 9808(米国財務省ウェブサイト(英語、PDF))により、2014年の暫定調整規則は最終決定される。これらは、暫定規則に寄せられたコメントを基にした改訂や説明も含む。さらに、TD 9808の決定は米国源泉所得を外国(法)人に支払う個人や事業体に影響を与えるChapter 31 暫定規則も規定する
  • 最終および暫定Chapter 42 財務省規則(Final and Temporary Chapter 4 Regulations)-TD 9809(米国財務省ウェブサイト(英語、PDF))は、2014年のFATCA(Foreign Account Tax Compliance Act:外国口座税務コンプライアンス法)暫定規則を最終化し改正する(TD 9657、2014年7月の訂正および2014年11月の訂正を含む)。この決定により、2013年の最終規則のうち特定の箇所を改正する暫定規則も規定される
  • Chapter 4検証と宣誓規則案(Proposed Chapter 4 Verification and Certification Regulations)-REG-103477-14(米国財務省ウェブサイト(英語、PDF))は、FATCAによる検証と宣誓に関する暫定規則を規定する。これらは、スポンサー事業体等の宣誓手続を含む
  •  Chapter 3財務省規則案(Proposed Chapter 3 Regulations)-REG-134247-16(米国財務省ウェブサイト(英語、PDF))において公表された規則案では、外国(法)人に支払われる特定の米国源泉所得に係る源泉徴収税および還付金や税額控除の請求の為の必須条件に関して、TD 9808の暫定規則への調整ルールが含まれている

1 Chapter 3: 内国歳入法(Internal Revenue Code)の第3章(Chapter 3)では、QI制度を含む、米国から米国外へFDAP(配当、利子等の定期定額支払)を支払う場合のルールが規定されている。
2 Chapter 4: 内国再入法の第4章(Chapter 4)では、FATCAに関するルールが規定されている。

PDF

こちらから記事の全文がダウンロードできます。

(173KB, PDF)

関連するサービス

 

お役に立ちましたか?