ナレッジ

中国、インド、英国の間接税最新情報

Global Indirect Tax News: 2015年1月号

「中国:2015年輸出入暫定税率を公表」、「インド:SEZ非加工区内施設の一般開放」、「英国:デジタルサービスの消費地課税に関するガイダンスの発表」について解説する。(Global Indirect Tax News: 2015年1月号)

関連コンテンツ

世界各国の間接税の最新情報が掲載されている「Global Indirect Tax News」1月号より、中国、インド、英国の3カ国の主要見出しを紹介する。 

中国:『2015年輸出入暫定税率を公表』
インド:『SEZ非加工区内施設の一般開放』
英国:『デジタルサービスの消費地課税に関するガイダンスの発表』

>> Click here for English [ Global Indirect Tax News, January 2015 ]

(284KB, PDF)

関連サービス

サービスのご案内

激変する通商ルールや厳格な輸出管理規定における関税と貿易の環境において、輸出入に関連する関税と貿易のリスクやコストをマネジメントし、コンプライアンスとサプライチェーンの最適化を向上させることは、国際的に貿易を行う企業にとっては必須の課題です。ルールや手続きの複雑さ、ノウハウや組織体制の欠如といった課題を克服した関税マネジメントは、自社の競争力に決定的な影響を与えることになります。

税率アップ・免税制度拡大・デジタルコンテンツ課税・軽減税率導入、複雑化が進むこれからの消費税に対する企業の関心は一段と高まっています。自社のビジネスが消費税法の改正によりどのような影響を受けるのか、事前に法改正の対策を行うことにより、コンプライアンス業務の負荷や税負担を軽減できる可能性があります。

お役に立ちましたか?