ナレッジ

2015年度 ブリティッシュ コロンビア州予算案ハイライト

Canadian Tax Alert

2015年2月17日、ブリティッシュ コロンビア州 の2015年度予算が公表されました。デロイト税務部門が注目する重要なポイントを分かりやすく日本語で取り纏めました。(Canadian Tax Alert/カナダ)

関連コンテンツ

“財政ハットトリック”と称された本予算は、3年連続で均衡予算を達成する見込みであり、財務大臣は以下の3つを基本となる柱として強調した。

  • 支出の抑制
  • 将来予測におけるグローバルリスクの慎重な考慮
  • 将来に向けた若年層の育成と公共インフラの拡充への取組み

財務大臣は、継続して支出を抑制する予算を提示しているが、社会資本整備のための支出は継続的に拡大させる点には注目すべきである。BC州の経済成長率は、輸出、小売、住宅市場における伸びと、グローバルな規模での不安定リスクやカナダドルの変動を考慮して、それぞれ2.3%(2015年) 、2.4%(2016年) 、2.3%(2017年)と予測されている。また、2015年度予算における歳入と歳出は、それぞれ464億ドルと458億ドルが見込まれている。一方、債務額については、今後3年間における大規模な公共インフラ投資を反映して、2015年度の659億ドルから2017年度の704億ドルに増加する予測が示されている。

本予算において公表された税制改正は、以下の分野に着目している。

  • 主要な経済セクターの強化および成長促進
  • 家庭および貧困世帯の支援
  • 州売上税(PST)のテクニカルな変更

 

>> ニュースレターの本文は、デロイト カナダのWebサイトをご覧ください。

関連サービス

サービスのご案内

安定的で持続可能な成長のため海外に進出している、または、これから進出を予定している日系企業が、事業運営上の目的と整合した形でバランスをとりながら、グローバルな観点から適切な税務リスクの管理・税金コストの最適化を図れるよう、デロイトのグローバルネットワークを活用し、日系企業の海外投資に関する国際税務問題についてワンストップのサービスを提供します。

お役に立ちましたか?