ナレッジ

外国人雇用に関する制度変更:労働移住大臣規程2015年第16号

GES NewsFlash:2015年6月号/インドネシア

インドネシアの労働省はインドネシアの外国人雇用のための一般的な手続・要求事項に関して新しく外国人利用手順に関する労働移住大臣規程2015年第16号を発行した。これにより旧2013年第12号は廃止される。(GES NewsFlash:2015年6月号/インドネシア)

関連コンテンツ

新しい規定では旧規程で定められていなかった雇用許可(work permit)を必要とする活動範囲の詳細なリストを定めている。さらに、外国人1人に対するインドネシア人の雇用義務についても正式に労働省により規定されている。

この規定では移行期間について定められていないため、2015年6月29日の発効日より適用されていることとなる。しかしながら、労働省が各労働者への周知活動を実施してから導入されるという非公式な情報もある。

 

>> Click for English [Recent Changes in Immigration – Ministry of Manpower Regulation No.16 of 2015]

(206KB,PDF)

関連サービス

サービスのご案内

安定的で持続可能な成長のため海外に進出している、または、これから進出を予定している日系企業が、事業運営上の目的と整合した形でバランスをとりながら、グローバルな観点から適切な税務リスクの管理・税金コストの最適化を図れるよう、デロイトのグローバルネットワークを活用し、日系企業の海外投資に関する国際税務問題についてワンストップのサービスを提供します。

お役に立ちましたか?