ナレッジ

ドイツ財務省:2015年税制改正案を公表、オーナーシップ変更による繰越欠損金利用制限の緩和、ほか

Global Tax Update:2015年4月号/ドイツ

2015年2月20日、ドイツ財務省は、もともと2015年予算にあったが先送りされていたいくつかの施策を含む税制改正案を明らかにした。ただし、これには、同じく先送りされていたアンチハイブリッドルールやアンチダブルディップルールの導入などは含まれていない。(Global Tax Update:2015年4月号/ドイツ)

関連コンテンツ

本ニュースレターでは以下のトピックに分けて解説する。

(1) 2015年税制改正案の主な項目

1) オーナーシップ変更ルールに関するグループ内再編の例外規定の拡大
2) パートナーシップにより不動産が保有される場合の不動産移転税
3) 組織再編における対価

(2) 2015年税制改正案に含まれていない項目

1) アンチハイブリッドルールおよびアンチダブルディップルールの導入
2) 株式譲渡に係るキャピタルゲインの95%免税適用における最低10%の株式保有要件の導入
3) EU法に基づく源泉税の還付請求の対応を連邦税務署に集約化


>> Click for English [MOF releases draft bill with postponed measures from 2015 tax bill]

(226KB, PDF)

関連サービス

サービスのご案内

安定的で持続可能な成長のため海外に進出している、または、これから進出を予定している日系企業が、事業運営上の目的と整合した形でバランスをとりながら、グローバルな観点から適切な税務リスクの管理・税金コストの最適化を図れるよう、デロイトのグローバルネットワークを活用し、日系企業の海外投資に関する国際税務問題についてワンストップのサービスを提供します。

お役に立ちましたか?