ナレッジ

ドイツ連邦税務裁判所がインボイスに記載する住所についての判断を示す ほか

Global Tax Update:2015年12月号/ドイツ

2015年7月22日に、ドイツ連邦税務裁判所(BFH)は、単に私書箱の住所をインボイスに表記しただけでは、ドイツVAT(Value Added Tax:付加価値税)法の要件に合致せず、サプライヤーの私書箱の住所だけが記載されたインボイスによってはInput VATの控除が認められないとの判決を下した。(Global Tax Update:2015年12月号/ドイツ)

関連コンテンツ

本ニュースレターでは以下のトピックに分けて解説する。

  1. ドイツ連邦税務裁判所がインボイスに記載する住所についての判断を示す
  2. 株式譲渡益に係る資本参加免税の最低持株保有要件は導入されない見込み

 

>> Click for English [BFH rules on requirements for company addresses on Invoices]

(197KB, PDF)

関連サービス

サービスのご案内

  • インターナショナルタックスサービス
  • 安定的で持続可能な成長のため海外に進出している、または、これから進出を予定している日系企業が、事業運営上の目的と整合した形でバランスをとりながら、グローバルな観点から適切な税務リスクの管理・税金コストの最適化を図れるよう、デロイトのグローバルネットワークを活用し、日系企業の海外投資に関する国際税務問題についてワンストップのサービスを提供します。

    お役に立ちましたか?