ナレッジ

2014年の申告書に係る申告期限のガイダンスを公表 ほか

Global Tax Update:2015年2月号/ドイツ

ドイツ税務当局は、2014年の申告書に係る申告期限のガイダンスを公表した。当該申告書の申告期限は、2015年5月31日で、外部の税務アドバイザーにより申告書が作成される場合には、申告期限は、一般的には2015年12月31日まで延長される。(Global Tax Update:2015年2月号/ドイツ)

関連コンテンツ

本ニュースレターでは以下のトピックについて解説する。

1. 2014年の申告書に係る申告期限のガイダンスを公表
ドイツ税務当局は、2014年の申告書に係る申告期限のガイダンスを公表した。当該申告書の申告期限は、2015年5月31日で、外部の税務アドバイザーにより申告書が作成される場合には、申告期限は、一般的には2015年12月31日まで延長される。


2. ノルトライン・ヴェストファーレン州とザールラント州で不動産移転税の税率を引上げ
2015年1月からノルトライン・ヴェストファーレン州は、不動産移転税の税率を5%から6.5%に、ザールラント州は、5.5%から6.5%に引き上げた。


>> Click for English [Tax authorities issue guidance on filing deadlines for 2014 tax returns]

(136KB, PDF)

関連サービス

サービスのご案内

安定的で持続可能な成長のため海外に進出している、または、これから進出を予定している日系企業が、事業運営上の目的と整合した形でバランスをとりながら、グローバルな観点から適切な税務リスクの管理・税金コストの最適化を図れるよう、デロイトのグローバルネットワークを活用し、日系企業の海外投資に関する国際税務問題についてワンストップのサービスを提供します。

 

お役に立ちましたか?