ナレッジ

過少申告などの税法違反行為の自発的開示の可能性に関する新規則

Global Tax Update:2015年1月号/ドイツ

ドイツ財政法に基づく税法違反行為の自発的開示の可能性に関する規則が改正され、2015年1月1日から施行されている。2011年4月における税法違反行為の自発的開示の可能性に関する規則改正後、ドイツの議会は税法違反行為の自発的開示の可能性の新規則の導入を検討していた。本ニュースレターでは、新規則のポイントについて解説する。(Global Tax Update:2015年1月号/ドイツ)

関連コンテンツ

ドイツ財政法に基づく税法違反行為の自発的開示の可能性に関する規則が改正され、2015年1月1日から施行されている。
2011年4月における税法違反行為の自発的開示の可能性に関する規則改正後、ドイツの議会は税法違反行為の自発的開示の可能性の新規則の導入を検討していた。

従前の法律によれば、ディスクロージャーレターにより刑事免責を受けるためには、刑事訴追の時効となっていない関係税目のすべての税法違反行為について、その包括的情報を財務当局に提供する必要があった。2015年1月施行の新規則では、たとえ刑事時効期間が短かったとしても、少なくとも直近10年間についての開示が要請されている。


>> Click for English [New regulations of the possibility of voluntary disclosure of tax offences]

(204KB, PDF)

関連サービス

サービスのご案内

安定的で持続可能な成長のため海外に進出している、または、これから進出を予定している日系企業が、事業運営上の目的と整合した形でバランスをとりながら、グローバルな観点から適切な税務リスクの管理・税金コストの最適化を図れるよう、デロイトのグローバルネットワークを活用し、日系企業の海外投資に関する国際税務問題についてワンストップのサービスを提供します。

 

お役に立ちましたか?