ナレッジ

ドイツにおけるBrexitに係る税務上の影響

Global Tax Update:2016年7月号/ドイツ

2016年6月23日、英国の国民投票において、UKのEU離脱への支持が過半数となった。これにより、直ちに、UKがEUから離脱するわけではなく、離脱後の関係について、今後数カ月、そしておそらくは1年を超える交渉がEUとUKの間で行われる。当該交渉期間中、企業は、会計・税務・法務へ与える影響について注視する必要がある。(Global Tax Update:2016年7月号/ドイツ)

関連コンテンツ

本ニュースレターではドイツにおけるBrexitに係る税務上の影響を、以下のトピックに分けて解説する。

(1) いつ、どのように離脱するか
(2) 現段階において企業に必要とされるアクション
(3) UKのEU離脱により想定される影響
(4) 国際協定(例:欧州経済領域(EEA))と国内法
(5) 税務に与える影響

 

>> Click for English [Brexit: Majority of British Electorate Votes to Leave EU]

(252KB, PDF)

関連サービス

サービスのご案内

安定的で持続可能な成長のため海外に進出している、または、これから進出を予定している日系企業が、事業運営上の目的と整合した形でバランスをとりながら、グローバルな観点から適切な税務リスクの管理・税金コストの最適化を図れるよう、デロイトのグローバルネットワークを活用し、日系企業の海外投資に関する国際税務問題についてワンストップのサービスを提供します。

お役に立ちましたか?