ナレッジ

BEPSにおける国別報告書作成を含む税制改正案

Global Tax Update:2016年6月号/ドイツ

2016年6月1日、ドイツ財務省は、OECDによるBEPSイニシアチブ最終報告書の勧告と国別報告書導入に係るEU行政協力指令の修正に基づく税制改正案を提出した。(Global Tax Update:2016年6月号/ドイツ)

関連コンテンツ

改正案にはまた、BEPSに関連しないものもいくつか含まれており、税務当局の見解と異なる見解をドイツ連邦税務裁判所(BFH)が示し、法的な対応を求められていたものも含むものである。

改正案の注目すべき事項は以下のとおりである。

● 国別報告書
● マスターファイル
● 独立企業原則適用に係るトリーティオーバーライド条項
● CFCルールに関する営業税の所得
● 在外子会社からの一定の配当に係る営業税
● 金融機関に係る資本参加免税
● 国内のスイッチオーバーおよび条件付課税条項

 

 

>> Click for English [Draft tax law includes BEPS measures incl. country-by-country reporting requirements]

(217KB, PDF)

関連サービス

サービスのご案内

安定的で持続可能な成長のため海外に進出している、または、これから進出を予定している日系企業が、事業運営上の目的と整合した形でバランスをとりながら、グローバルな観点から適切な税務リスクの管理・税金コストの最適化を図れるよう、デロイトのグローバルネットワークを活用し、日系企業の海外投資に関する国際税務問題についてワンストップのサービスを提供します。

デロイト トーマツ グループは、デロイトネットワークの移転価格チームと連携を取り、各国の税制に沿った移転価格文書化(ドキュメンテーション)作成をサポートします。また、OECDが展開するBEPS(税源浸食と利益移転)プロジェクトにおける「新移転価格文書化規定」にも対応した、グローバル移転価格文書化のサポートを行います。

お役に立ちましたか?