ナレッジ

非居住者による通常のVAT申告書内でのVAT還付請求を容認

Global Tax Update:2015年5月号/ドイツ

ドイツ連邦税務裁判所は、非居住事業者が、VAT(Value Added Tax:付加価値税)が不適切に課されたインボイスに基づき、通常のVAT申告書内で行ったVATの還付請求を容認した。(Global Tax Update:2015年5月号/ドイツ)

関連コンテンツ

2014年11月19日、ドイツ連邦税務裁判所 (BFH)は、ドイツVAT法第14条cにより、たとえVATの支払義務が、VATが不適切に課されたインボイスのみによる場合であっても、納税者は、VATの還付請求が可能であるとの判決を下した。


>> Click for English [BFH rules on procedure for input VAT refund for non-residents]

(192KB, PDF)

関連サービス

サービスのご案内

安定的で持続可能な成長のため海外に進出している、または、これから進出を予定している日系企業が、事業運営上の目的と整合した形でバランスをとりながら、グローバルな観点から適切な税務リスクの管理・税金コストの最適化を図れるよう、デロイトのグローバルネットワークを活用し、日系企業の海外投資に関する国際税務問題についてワンストップのサービスを提供します。

お役に立ちましたか?