ナレッジ

ドイツ下級税務裁判所がオーナーシップ変更ルールを明確化

Global Tax Update:2015年10月号/ドイツ

ドイツ下級税務裁判所は、オーナーシップ変更ルールにおける一体として行動する者の定義に関し、ドイツ税務当局の解釈を否定した。当該税務裁判所の決定は、オーナーシップ変更ルールに関する一体として行動する者の定義に関する初めての解釈であり、納税者に重要なガイドラインを提供するものである。(Global Tax Update:2015年10月号/ドイツ)

関連コンテンツ

ニーダーザクセン州の下級税務裁判所による2015年2月26日の判決においては、オーナーシップ変更ルールにおける「一体として行動する者」に関する税務当局の広義の解釈が否定されている。下級税務裁判所は、一体として行動する者について、欠損法人の持分を協調かつ一体として取得することだけでは不十分であり、当該投資に関し、共通の経済的利益を追求しなければならない、また、これはオーナーシップ変更時においてなされている必要があると結論付けた。

>> Click for English [Lower tax court clarifies change-in-ownership rules]

(210KB, PDF)

関連サービス

サービスのご案内

安定的で持続可能な成長のため海外に進出している、または、これから進出を予定している日系企業が、事業運営上の目的と整合した形でバランスをとりながら、グローバルな観点から適切な税務リスクの管理・税金コストの最適化を図れるよう、デロイトのグローバルネットワークを活用し、日系企業の海外投資に関する国際税務問題についてワンストップのサービスを提供します。

お役に立ちましたか?