ナレッジ

国内税法に定める控除・優遇措置の段階的廃止に関するCBDT指令 ほか

Global Tax Update:2015年12月号/インド

2015年予算案の中でインドの財務大臣は、2016~2017年度から4年間で法人税率を30%から25%に引き下げるとともに控除措置および優遇措置(控除・優遇措置)を段階的に廃止すると発表している。本提案は税法を簡素化することによって透明性および明確性を向上させることを目的としている。(Global Tax Update:2015年12月号/インド)

関連コンテンツ

1. 国内税法に定める控除・優遇措置の段階的廃止に関するCBDT指令

2015年予算案の中でインドの財務大臣は、2016~2017年度から4年間で法人税率を30%から25%に引き下げるとともに控除措置および優遇措置を段階的に廃止すると発表している。本提案は税法を簡素化することによって透明性および明確性を向上させることを目的としている。

2. 対内直接投資政策の変更

2015年11月10日、政府は、投資環境を改善し、国外投資家を呼び込むため、複数の業種に関係する対内直接投資政策改革案を発表した。DIPP が発表した対内直接投資に係るこれらの変更は2015年11月24日に発効した。

3. カルナタカ高等裁判所判決:欠損法人株式の出資法人からその子会社への株式譲渡に際して当該欠損法人の繰越欠損金は消滅しないとした控訴裁判所の決定を支持

本件では、出資法人が有する欠損法人株式を完全子会社(子会社)に譲渡した場合、当該欠損法人は、当該欠損法人の株式直接保有者の変更にかかわらず、(当該株式は同一グループ内で継続して保有および支配されているという考えに基づき)欠損金を繰越控除できるか否かが争われていた。

 

>> Click for English [CBDT directive on phasing out of deductions/ tax holidays under the Indian domestic tax law]

(319KB, PDF)

関連サービス

サービスのご案内

インドの経済成長はめざましく、対インド直接投資の増加が続いています。2030年には17億人強へと世界最大となる人口がもたらす市場の将来性を睨み、日系企業もさまざまな分野での積極的なインド投資が急速に増えています。インド投資における課題はさまざまありますが、最も難しい課題の一つとして複雑な税制が挙げられます。デロイト トーマツ税理士法人は日本とインドの最新知識と豊富な経験を元に御社のインド事業展開を支援します。

お役に立ちましたか?