ナレッジ

デリー高等裁判所は、拘束力を有する判例又は1961年所得税法の規定に優先しないことを確実にするために、中央政府が「所得の計算及び開示に関する基準を通知する権限につき判決を下した ほか

Global Tax Update : 2017年12月号/インド

インドの法人税の計算上、1961年所得税法第145条(2)は、「事業所得(Profits and Gains from Business and Profession)」又は「その他の所得(Income from Other Sources)」に該当する納税者の課税所得は、現金主義又は発生主義のうち、いずれか納税者が通常採用している方法に基づき計算されるものとすると定めている。同法はまた、中央政府に対して、課税所得の計算上、従うべき基準を定める権限 を付与している。

本ニュースレターでは、以下5つのトピックに分けて解説する。

  1. デリー高等裁判所は、拘束力を有する判例又は1961年所得税法の規定に優先しないことを確実にするために、中央政府が「所得の計算及び開示に関する基準(Income Computation and Disclosure Standards:ICDS)」を通知する権限につき判決を下した
  2. インド国外で株式又は持分の償還を行う際の間接譲渡規定の適用可能性の明確化
  3. みなし輸出
  4. 手動によるGST還付金の請求
  5. 物品供給に係る前受金は非課税

※詳細はPDFを参照


>> Click for English [High Court rules on powers of the central government to notify ICDS to ensure they do not override binding judicial precedents or provisions of the Act]

(215KB, PDF)
お役に立ちましたか?