ナレッジ

初の二国間APAを締結

Global Tax Update:2015年1月号/インド

直接税中央委員会<Central Board of Direct Taxes(CBDT)>は、インド政府が初の二国間事前確認<bilateral Advance Pricing Agreement(二国間APA)>を締結したと発表した。(Global Tax Update:2015年1月号/インド)

関連コンテンツ

2014年12月19日、直接税中央委員会<Central Board of Direct Taxes(CBDT)>は、インド政府が初の二国間事前確認<bilateral Advance Pricing Agreement(二国間APA)>を締結したと発表した。本APAは日本企業が締結したもので、有効期間は5年である。

>> Click for English [India signs first bilateral APA]

(183KB, PDF)

関連サービス

サービスのご案内

経済の国際化に伴い国外関連者との取引はますます複雑となり、その内容も有形資産から無形資産やサービス取引へと拡大しています。また「移転価格税制」が全世界的に適用強化の傾向にある中で、デロイト トーマツ グループは企業が海外ビジネス戦略の目的を遂行しつつ、各国の移転価格税制を遵守し、移転価格更正リスクや対応コストを低減するためのコンサルティングサービスを提供します。

安定的で持続可能な成長のため海外に進出している、または、これから進出を予定している日系企業が、事業運営上の目的と整合した形でバランスをとりながら、グローバルな観点から適切な税務リスクの管理・税金コストの最適化を図れるよう、デロイトのグローバルネットワークを活用し、日系企業の海外投資に関する国際税務問題についてワンストップのサービスを提供します。

お役に立ちましたか?