ナレッジ

対外商業借入(External Commercial Borrowing)の規定改正

Global Tax Update:2016年1月号/インド

政府との協議に基づき、2015年11月30日、インド準備銀行は対外商業借入に係る規定改正(本改正)を発表した。本稿では、対外商業借入の主要ポイント、本改正の具体項目およびその他条件等について解説する。これらの改正は個別ではなく一括適用される。(Global Tax Update:2016年1月号/インド)

関連コンテンツ

対外商業借入の主要ポイント
  • 借入の内容および期間
  • 借入資格:借入できる企業
  • 貸出資格:貸出しできる企業または個人
  • 総コスト上限(債務不履行または契約違反に係る罰金<約定金利の2%を上限とする)
  • 最終的な資金用途
  • 借入上限額

 

>> Click for English [External Commercial Borrowings (ECB) – Revised Policy Framework]

(269KB, PDF)

関連サービス

サービスのご案内

インドの経済成長はめざましく、対インド直接投資の増加が続いています。2030年には17億人強へと世界最大となる人口がもたらす市場の将来性を睨み、日系企業もさまざまな分野での積極的なインド投資が急速に増えています。インド投資における課題はさまざまありますが、最も難しい課題の一つとして複雑な税制が挙げられます。デロイト トーマツ税理士法人は日本とインドの最新知識と豊富な経験を元に御社のインド事業展開を支援します。

お役に立ちましたか?