ナレッジ

ブラックマネー課税法

Global Tax Update:2015年7月号/インド

2015年5月26日、大統領はブラックマネー(非開示の国外所得および国外資産)への課税について規定する「2015年ブラックマネー課税法(The Black Money and Imposition of Tax Act, 2015)」を認可し、当該法は2015年7月1日に発効した。(Global Tax Update:2015年7月号/インド)

関連コンテンツ

政府は、非開示の国外所得および国外資産を有する納税者が2015年9月30日までにそれらを申告し、2015年12月31日までに納税を行う機会を一度だけ与えるとしており、当該申告納税については税務コンプライアンス制度(Tax Compliance Scheme:TC Scheme)に規定されている。

本ニュースレターでは、2015年ブラックマネー課税法および税務コンプライアンス制度の主要ポイントについて解説する。

 

>> Click for English [Law to tax black money]

(201KB, PDF)

関連サービス

サービスのご案内

インドの経済成長はめざましく、対インド直接投資の増加が続いています。2030年には17億人強へと世界最大となる人口がもたらす市場の将来性を睨み、日系企業もさまざまな分野での積極的なインド投資が急速に増えています。インド投資における課題はさまざまありますが、最も難しい課題の一つとして複雑な税制が挙げられます。インド税務室は、日本とインドの最新知識と豊富な経験を元に御社のインド事業展開を支援します。

安定的で持続可能な成長のため海外に進出している、または、これから進出を予定している日系企業が、事業運営上の目的と整合した形でバランスをとりながら、グローバルな観点から適切な税務リスクの管理・税金コストの最適化を図れるよう、デロイトのグローバルネットワークを活用し、日系企業の海外投資に関する国際税務問題についてワンストップのサービスを提供します。

お役に立ちましたか?