ナレッジ

個人の税務申告書提出期限の延長 ほか

Global Tax Update:2015年6月号/インド

インド政府は2014~2015年度の個人所得税申告書の提出期限を2015年7月31日から2015年8月31日に延長した。(Global Tax Update:2015年6月号/インド)

関連コンテンツ

「所得の計算および開示に関する基準」の導入

中央政府は「所得の計算および開示に関する基準(Income Computation and Disclosure Standards:以下「本基準」)(2015年3月31日付通達参照)」を発表した。本基準は2015年4月1日に発効後、2015~2016年度以降に適用される。現在のところ10項目が発表されている。

本基準は所得税法の運用を明確化するためのものであり、課税所得の算定に関する具体的な規定を定めている。課税所得算定のみに関するものであり、会計上の処理とは関係ない。

また、事業所得およびその他の所得の計算を発生主義ベースで行っているすべての納税者に適用される。

本基準については、2015~2016年度の課税所得の算定への影響に加え、本基準施行後の最初の事前納税(2015年6月15日を期限とする中間納付)への影響についても検討を行う必要がある。

 

>> Click for English [Extension of due date for filing tax returns by individuals]

(229KB, PDF)

関連サービス

サービスのご案内

インドの経済成長はめざましく、対インド直接投資の増加が続いています。2030年には17億人強へと世界最大となる人口がもたらす市場の将来性を睨み、日系企業もさまざまな分野での積極的なインド投資が急速に増えています。インド投資における課題はさまざまありますが、最も難しい課題の一つとして複雑な税制が挙げられます。デロイト トーマツ税理士法人は日本とインドの最新知識と豊富な経験を元に御社のインド事業展開を支援します。

お役に立ちましたか?