ナレッジ

2015年インド予算案

Global Tax Update:2015年3月号/インド

2015年2月28日、インド予算案が発表された。財務大臣は演説の中で、行政機関への税務権限付与を提唱し、「地下経済の撲滅」、「成長回帰ならびに国内製造業および「Make in India」プログラムへの投資促進を通じた雇用創出」、「企業の利便性を向上するための最小の政府と最大のガバナンスの実現」を目標とする多岐にわたる措置を打ち出した。(Global Tax Update:2015年3月号/インド)

関連コンテンツ

本ニュースレターでは以下のトピックについて解説する。

(1) GAARの導入延期
(2) 株式の間接譲渡に係るキャピタルゲイン課税の見直し
(3) 使用料および技術サービスフィーに係る源泉税の軽減
(4) インドを拠点に活動するオフショアファンド運用会社:PEリスクなし
(5) 法人税に関するその他の主要な改正
(6) 物品サービス税
(7) 間接税および関税の実効税率の変更
(8) 間接税制度の見直しおよび簡素化


>> Click for English [India Budget 2015]

(282KB, PDF)

関連サービス

サービスのご案内

インドの経済成長はめざましく、対インド直接投資の増加が続いています。2030年には17億人強へと世界最大となる人口がもたらす市場の将来性を睨み、日系企業もさまざまな分野での積極的なインド投資が急速に増えています。インド投資における課題はさまざまありますが、最も難しい課題の一つとして複雑な税制が挙げられます。デロイト トーマツ税理士法人は日本とインドの最新知識と豊富な経験を元に御社のインド事業展開を支援します。

お役に立ちましたか?