ナレッジ

インド政府は2018年退職金支払法(改正)を発表:退職金の上限を200万ルピーに引上げ ほか

Global Tax Update : 2018年5月号/インド

現在、1972年退職金支払法の対象の民間企業勤務者で勤続年数5年以上の者は、同法の規定に基づいて算定された退職金を受け取る権利を有している。同法では、社員が退職、辞職、老齢退職する際に100万ルピーを上限として退職金を支給するものと定めている。

本ニュースレターでは、以下4つのトピックに分けて解説する。

  1. インド政府は2018年退職金支払法(改正)を発表1:退職金の上限を200万ルピーに引上げ
  2. 判例:外国企業が駐在員を派遣することによる恒久的施設(PE)リスク2は存在しない
  3. 物品・サービス税(GST)の導入
  4. 外国政府・外国政府関連法人による共同投資の上限額を明確化:外国ポートフォリオ投資家(FPI)に関する最新情報

1. インド官報2018年3月29日付通達 S.O.1419(E)、2018年3月29日付通達S.O.1420(E)、2018年3月29日付通達S.O.1421(E)で発表
2. Samsung Electronicの事例:デリー所得税上訴裁判所(Income-tax Appellate Tribunal:ITAT)

※詳細はPDFを参照


>> Click for English [Indian Government notifies the Payment of Gratuity (Amendment) Act, 2018; Gratuity ceiling raised to INR 2 million]

 

※本記事は、掲載日時点で有効な日本国あるいは当該国の税法令等に基づくものです。掲載日以降に法令等が変更される可能性がありますが、これに対応して本記事が更新されるものではない点につきご留意ください。

(227KB, PDF)
お役に立ちましたか?