ナレッジ

最高裁判所判決:最低代替税制度は外国法人には適用されず ほか

Global Tax Update:2015年11月号/インド

インド最高裁判所は恒久的施設(PE)または事業を行う場所(place of business)を持たない外国法人に最低代替税(MAT)制度は適用されないという判決を下した。これより前、政府は、外国機関投資家(FII)および外国ポートフォリオ投資家(FPI)ならびにPEまたは事業を行う場所を持たない外国法人にMAT制度は適用されないと発表していた。(Global Tax Update:2015年11月号/インド)

関連コンテンツ

1. 最高裁判所判決:最低代替税制度は外国法人には適用されず

インド最高裁判所は恒久的施設(Permanent Establishment:PE)または事業を行う場所(place of business)を持たない外国法人に最低代替税(Minimum Alternate Tax:MAT)制度は適用されないという判決を下した。これより前、政府は、外国機関投資家(FII)および外国ポートフォリオ投資家(FPI)ならびにPEまたは事業を行う場所を持たない外国法人にMAT制度は適用されないと発表していた。

2. CBDT:移転価格のレンジ適用および複数年のデータ使用に関する規定を発表

2015年10月19日、直接税中央委員会(Central Board of Direct Taxes(CBDT))は、インド移転価格税制に基づく比較対象企業分析および独立企業間価格算定の3段階プロセスについて規定する通達 を発表した。

3. カルナタカ高等裁判所判決:連絡事務所の購入活動はインドでの事業との関連またはPEとみなされるのか

カルナタカ高等裁判所は、インドの連絡事務所(liaison office)が行う活動が輸出を目的とするインドにおける物品の購入に限られている場合は、当該連絡事務所が所得税法規定に基づくインドでの事業との関連(business connection)や租税条約に基づくPEとみなされることはなく、インドで課税される所得が当該活動に起因するとみなされることはないとする判決を下した。

 

>> Click for English [Supreme Court ruling on non-applicability of Minimum Alternate Tax (MAT) provisions to foreign companies]

(232KB, PDF)

関連サービス

サービスのご案内

インドの経済成長はめざましく、対インド直接投資の増加が続いています。2030年には17億人強へと世界最大となる人口がもたらす市場の将来性を睨み、日系企業もさまざまな分野での積極的なインド投資が急速に増えています。インド投資における課題はさまざまありますが、最も難しい課題の一つとして複雑な税制が挙げられます。デロイト トーマツ税理士法人は日本とインドの最新知識と豊富な経験を元に御社のインド事業展開を支援します。

経済の国際化に伴い国外関連者との取引はますます複雑となり、その内容も有形資産から無形資産やサービス取引へと拡大しています。また「移転価格税制」が全世界的に適用強化の傾向にある中で、デロイト トーマツ グループは企業が海外ビジネス戦略の目的を遂行しつつ、各国の移転価格税制を遵守し、移転価格更正リスクや対応コストを低減するためのコンサルティングサービスを提供します。

お役に立ちましたか?