ナレッジ

インド入国管理に関する主な最新情報 ほか

Global Tax Update : 2018年11月号/インド

本ニュースレターでは、インドへの人事異動の観点からの最近のインド入国管理に関する主な変更点について、インド全土に導入されたe-FRRO(外国人登録事務所、Foreigners Regional Registration Office:FRRO)の主な重要事項について説明する。

本ニュースレターでは、以下のトピックに分けて解説する。

1. インド入国管理に関する主な最新情報

インドのビザに関する変更点の一部は、インドでの事業活動を簡易にすることを目的としたものである。

2. インド全土へのe-FRRO の拡大

インド政府は当初、2018年2月12日にバンガロール、チェンナイ、ニューデリー及びムンバイでe-FRRO(外国人登録事務所、Foreigners Regional Registration Office:FRRO)を導入し、その後これを他の数都市に拡大した。現在、インド政府はe-FRROをインド全土に導入している。詳細は、下記の2018年2月14日付GES alertである「Introduction of e-FRRO(e-FRROの導入について)」を参照されたい。

>>Global Employer Services Alert(Deloitte Indiaウェブサイト(英語、PDF))


※詳細はPDFを参照


>> Click for English [Key Updates on India Immigration]

 

※本記事は、掲載日時点で有効な日本国あるいは当該国の税法令等に基づくものです。掲載日以降に法令等が変更される可能性がありますが、これに対応して本記事が更新されるものではない点につきご留意ください。

(199KB, PDF)
お役に立ちましたか?