ナレッジ

インドネシアが国別報告書(CbCレポート)の詳細なガイダンスとなる実施規則を発行

Global Tax Update:2018年1月号/インドネシア

本ニュースレターでは、国別報告書の導入に関する実施規則 No.29/PJ/2017(PER-29)の主な内容を要約し、インドネシアの納税者に対してインドネシアにおける国別報告書の要件に関する説明を行う。

インドネシア税務総局(DGT)は、2017年初頭に発行した移転価格文書に関する2016年度財務省規定第213号(PMK-213)( 2017年1月インドネシアニュースレター参照 )に続き、待望の国別報告書の導入に関する実施規則 No.29/PJ/2017(PER-29)を発行した。

PMK-213とPER-29は、経済協力開発機構(OECD)が税源浸食と利益移転(BEPS)プロジェクトの行動13(多国籍企業の企業情報の文書化)を通じて定めた報告要件と導入ガイドライン及び国別報告書の導入目的に対するその後のガイダンスと広く整合する規定となっている。

PER-29は、以下の事項に関する詳細なガイダンスを提供している。

  • インドネシアにおいてどのような事業グループ/多国籍企業グループに国別報告書の提出が要請されるのか
  • 国別報告書の提出の一環として何を準備及び提出する必要があるか
  • インドネシアにおいて国別報告書の準備及び提出が必要となる時期

PER-29は2017年12月29日より有効であり、インドネシアでの2016会計年度以降の国別報告書の提出要件をカバーしたものとなっている。

 

>> Click for English [ Indonesia releases implementation regulation on Country-by-Country Reports (CbCR) that provides detailed instructions on the procedure and filing of the Country-by-Country Report ]

(239KB, PDF)

関連するサービス

お役に立ちましたか?