ナレッジ

インドネシアにおけるタックスヘイブン対策税制(Controlled Foreign Corporation Rule)のアップデート

Global Tax Update:2017年9月号/インドネシア

インドネシア財務省(MoF)は、2017年7月27日付けで被支配外国法人(CFC)に対するタックスヘイブン対策税制(CFCルール)の導入のための2017年度財務省規定第107号(PMK-107)を発行した。(Global Tax Update:2017年9月号/インドネシア)

インドネシア財務省(MoF)は、2017年7月27日付けで被支配外国法人(Controlled Foreign Corporation:CFC)に対するタックスヘイブン対策税制(CFCルール)の導入のための2017年度財務省規定第107号(PMK-107)を発行した。このルールは、被支配外国法人が支払う配当金に係る外国税額控除に関する2008年財務省規定第256号(PMK-256)および2002年財務省通達第164号(KMK-164)の一部を無効にするものである。この新しいCFCルールは、2017年度から有効となる。

本ニュースレターでは、以下のトピックに分けて解説する。

(1) 被支配外国法人(CFC)判定要件
(2) 信託(Trust)
(3) みなし配当(Deemed Dividend)のタイミング
(4) みなし配当の計算
(5) 外国税額控除(Foreign Tax Credit)

 

>> Click for English [Update on Indonesian Controlled Foreign Corporation Rule]

(200KB, PDF)

関連するサービス

お役に立ちましたか?