ナレッジ

新たな税制優遇措置 「Principal Hub」 ~マレーシアのビジネスハブ機能強化に向けて~

Global Tax Update:2015年4月号/マレーシア

マレーシア政府は2015年4月6日、マレーシアをアジア地域のビジネスハブとして振興すべく、新たな税制優遇措置である「Principal Hub」の具体的内容を発表した。(Global Tax Update:2015年4月号/マレーシア)

関連コンテンツ

Principal Hubについては、2014年10月の「2015年度予算案発表」の際に、その導入が発表されてはいたものの、その内容については判明しておらず、今回その全貌がようやく明らかになった。

なお、Principal Hubの導入により、既存の地域経営本部(OHQ)、国際調達センター(IPC)、地域集配センター(RDC)に対する優遇措置は2015年4月30日をもって廃止となる。

(326KB, PDF)

関連サービス

サービスのご案内

安定的で持続可能な成長のため海外に進出している、または、これから進出を予定している日系企業が、事業運営上の目的と整合した形でバランスをとりながら、グローバルな観点から適切な税務リスクの管理・税金コストの最適化を図れるよう、デロイトのグローバルネットワークを活用し、日系企業の海外投資に関する国際税務問題についてワンストップのサービスを提供します。

お役に立ちましたか?