ナレッジ

オランダ税務裁判所が連結納税制度に関するCJEU判決を支持 ほか

Global Tax Update:2015年1月号/オランダ

アムステルダム税務裁判所は、「オランダ連結納税制度は、欧州連合の機能に関する条約(Treaty on the Functioning of the European Union)における事業設立の自由(freedom of establishment)」に反する」という欧州司法裁判所の判決を支持した。(Global Tax Update:2015年1月号/オランダ)

関連コンテンツ

本ニュースレターでは以下のトピックに分けて解説する。

1. オランダ税務裁判所が連結納税制度に関するCJEU判決を支持
アムステルダム税務裁判所は、「オランダ連結納税制度は、欧州連合の機能に関する条約(Treaty on the Functioning of the European Union)における事業設立の自由(freedom of establishment)」に反する」という欧州司法裁判所の判決を支持した。

2. 欧州の税務上の問題に関するオランダの立場
財務大臣は、親子会社指令(Parent Subsidiary Directive)修正案(本修正案)および関連事項についてオランダの立場を決定した。
2014年12月3日、下院は、2014年12月9日のEU経済・財務相理事会会合に関する審議を行った。ECOFIN会合では、本修正案が検討事項の一つとなっていた。議会での本会議前に行われる下院審議において、財務大臣は本修正案および関連事項に対する立場を決定した。

>> Click for English [Netherlands Tax court confirms CJEU decision on fiscal unity regime]

(235KB, PDF)

関連サービス

サービスのご案内

安定的で持続可能な成長のため海外に進出している、または、これから進出を予定している日系企業が、事業運営上の目的と整合した形でバランスをとりながら、グローバルな観点から適切な税務リスクの管理・税金コストの最適化を図れるよう、デロイトのグローバルネットワークを活用し、日系企業の海外投資に関する国際税務問題についてワンストップのサービスを提供します。

お役に立ちましたか?