ナレッジ

株式売却関連費用に係るVATの取扱い ほか

Global Tax Update:2015年3月号/オランダ

株式売却時には通常様々なコストが発生するが、VAT課税取引に従事する事業者であってもこれらのコストに係る付加価値税(VAT)を常に控除できるわけではない。今回、Den Bosch控訴裁判所でも同様の判決が下された。(Global Tax Update:2015年3月号/オランダ)

関連コンテンツ

本ニュースレターでは以下のトピックに分けて解説する。

1. 株式売却関連費用に係るVATの取扱い
株式売却時には通常様々なコストが発生するが、VAT課税取引に従事する事業者であってもこれらのコストに係る付加価値税(value added tax(VAT))を常に控除できるわけではない。今回、Den Bosch控訴裁判所(Court of Appeal)でも同様の判決が下された。

2. 会社分割における課税繰延措置に関する新規定
財務大臣は、「会社分割における法人税制」に関して2つの新しい規定を発表した。これらの規定は、「スプリットオフ(split-off)」および「スプリットアップ(split-up)」という2つの種類の会社分割に関するもので、2015年1月27日以降にその効力が生じる。

>> Click for English [VAT on selling expenses participation deductible]

(222KB, PDF)

関連サービス

サービスのご案内

安定的で持続可能な成長のため海外に進出している、または、これから進出を予定している日系企業が、事業運営上の目的と整合した形でバランスをとりながら、グローバルな観点から適切な税務リスクの管理・税金コストの最適化を図れるよう、デロイトのグローバルネットワークを活用し、日系企業の海外投資に関する国際税務問題についてワンストップのサービスを提供します。

お役に立ちましたか?