ナレッジ

2019年度 オランダ税制改正案

Global Tax Update:2018年9月号/オランダ

2018年9月18日、来年度の政府予算案が公表された。例年通り、本予算案には2019年度税制改正案が含まれている。

2019年の税制改正案には企業を取り巻く経済環境を改善するため、オランダ法人税、源泉所得税に関していくつかの重要な改正案が盛り込まれている。その中には例えば法人税率の引下げ、配当源泉税の廃止も含まれている。また、同時に濫用防止ルールも導入される見込みである。

2019年度税制改正案の中で、日系多国籍企業の在蘭子会社に影響を与える可能性のある重要度の高い事項について、以下にまとめる。

なお、これらの税制改正案はオランダ議会の上下両院で可決されることで成立し、成案までの過程で法案の一部が変更される可能性がある。

1. オランダ法人税

(1) 法人税率及び欠損金控除制度
(2) 利息の損金算入制限規定
(3) 外国子会社合算税制

2. (配当)源泉税

(1) 概要
(2) 低税率国(又は非協力的な国)及びその他の租税回避行為の定義
(3) 関係会社
(4) 源泉徴収方法
(5) 源泉税率

3. 30%ルール

※詳細はPDFを参照

 

>> Click for English [2019 Tax Package - The Netherlands]

(262KB, PDF)

※本記事は、掲載日時点で有効な日本国あるいは当該国の税法令等に基づくものです。掲載日以降に法令等が変更される可能性がありますが、これに対応して本記事が更新されるものではない点につきご留意ください。

関連するサービス

お役に立ちましたか?