ナレッジ

歳入規則 ほか

Global Tax Update:2015年2月号/フィリピン

フィリピンの内国歳入庁は、納税者管理プログラム(Taxpayer Account Management Program)の対象である納税者および認定輸入業者・認定通関業者は、電子申告納税システム(Electronic Filing and Payment System)を通じて申告および納税を行わなければならないことを明らかにした。(Global Tax Update:2015年2月号/フィリピン)

関連コンテンツ

本ニュースレターでは以下のトピックについて解説する。

1. 歳入規則
(1) 納税者管理プログラム対象者および認定輸入業者・認定通関業者への電子申告納税の義務化
2. 内国歳入庁の判断
(1) 経済特区庁(PEZA)登録企業から非居住者法人への所得の支払いに係るVATの取扱い
(2) ソフトウエア支払の所得区分:事業所得とみなされる
3. 控訴裁判所の判決
(1) 売上VATがゼロ税率の資本財に係る仕入VATの取扱い
(2) グループ内貸付に係るVATの取扱い
(3) フィリピン国外で事業を行っていることの証明

>> Click for English [Revenue Regulations]

(276KB, PDF)

関連サービス

サービスのご案内

安定的で持続可能な成長のため海外に進出している、または、これから進出を予定している日系企業が、事業運営上の目的と整合した形でバランスをとりながら、グローバルな観点から適切な税務リスクの管理・税金コストの最適化を図れるよう、デロイトのグローバルネットワークを活用し、日系企業の海外投資に関する国際税務問題についてワンストップのサービスを提供します。

お役に立ちましたか?