ナレッジ

歳入覚書回覧(Revenue Memorandum Circular) ほか

Global Tax Update:2015年1月号/フィリピン

付加価値税(VAT)の税額控除証明書(TCC)の未払い額を現金化する方法について規定する2012年大統領令No.68に基づき、内国歳入庁(BIR)はVAT TCCの現金化についてガイドラインを発表した。(Global Tax Update:2015年1月号/フィリピン)

関連コンテンツ

本ニュースレターでは以下のトピックに分けて解説する。

1. 歳入覚書回覧(Revenue Memorandum Circular)
付加価値税(Value Added Tax:以下「VAT」)の税額控除証明書(tax credit certificate:以下「TCC」)の未払い額を現金化する方法について規定する2012年大統領令No.68に基づき、内国歳入庁(Bureau of Internal Revenue)はVAT TCCの現金化についてガイドラインを発表した。

2. 控訴裁判所の判決
1997年租税改正法セクション112(C)に基づき、内国歳入庁長官(Commissioner of Internal Revenue)は、「適切な場合」、不備のない書類が提出された日から120日以内(「120日期間」)に、控除可能な仕入VATに係る還付金の支払またはTCCの発行を行う。

>> Click for English [Revenue Memorandum Circular]

(242KB, PDF)

関連サービス

サービスのご案内

安定的で持続可能な成長のため海外に進出している、または、これから進出を予定している日系企業が、事業運営上の目的と整合した形でバランスをとりながら、グローバルな観点から適切な税務リスクの管理・税金コストの最適化を図れるよう、デロイトのグローバルネットワークを活用し、日系企業の海外投資に関する国際税務問題についてワンストップのサービスを提供します。

お役に立ちましたか?