ナレッジ

シンガポール移転価格税制アップデート
移転価格文書化義務法制化および国別報告書に係る動向

Global Tax Update:2017年8月号/シンガポール

シンガポール財務省は、2017年6月19日から7月10日にわたって、所得税法改正案についてのパブリックコンサルテーションを実施した。当該改正案には、移転価格文書化義務および違反に対する罰則の導入が含まれる。(Global Tax Update:2017年8月号/シンガポール)

シンガポール財務省はまた、2017年6月21日に国別報告書の交換に係る多国間の当局間合意(Multilateral Competent Authority Agreements on the Exchange of Country-by-Country Reports:CbC MCAA)に署名したことを公表、7月11日にはシンガポール内国歳入庁(Inland Revenue Authority of Singapore:IRAS)が国別報告書に係るガイドラインの改定版(第2版)を公表した。

本ニュースレターでは、以下のトピックに分けて解説する。

(1) 概要
(2) 所得税法改正案における重要な変更点
(3) 所得税法改正案についてのデロイトの見解
(4) 国別報告書に係る動向
(5) 国別報告書に係る動向についてのデロイトの見解

(260KB, PDF)
お役に立ちましたか?