ナレッジ

日台租税協定(所得に対する租税に関する二重課税の回避および脱税の防止のための公益財団法人交流協会と亜東関係協会との間の取決め)の署名

Global Tax Update:2015年11月号/台湾

日本の対台湾窓口機関である公益財団法人交流協会と台湾の対日窓口機関である亜東関係協会は、2015年11月26日に日台租税協定(正式名:所得に対する租税に関する二重課税の回避および脱税の防止のための公益財団法人交流協会と亜東関係協会との間の取決め)に署名した。当該協定により、日台双方間の個人や企業が直面する二重課税問題を解消し、租税負担や税務リスクの低減がなされる。(Global Tax Update:2015年11月号/台湾)

関連コンテンツ

日台租税協定の内容のポイントは以下のとおりである。

(1) 事業所得
(2) 配当所得
(3) 利子所得
(4) 使用料(ロイヤルティー)所得
(5) 株式譲渡所得
(6) 移転価格の「相互協議」による対応的調整
(7) 二国間による事前確認制度(Advance Pricing Arrangement:APA)
(8) 税務争議の解決
(9) 個人の給与所得

(226KB, PDF)

関連サービス

サービスのご案内

安定的で持続可能な成長のため海外に進出している、または、これから進出を予定している日系企業が、事業運営上の目的と整合した形でバランスをとりながら、グローバルな観点から適切な税務リスクの管理・税金コストの最適化を図れるよう、デロイト トーマツ税理士法人はデロイトのグローバルネットワークを活用し、日系企業の海外投資に関する国際税務問題についてワンストップのサービスを提供します。

経済の国際化に伴い国外関連者との取引はますます複雑となり、その内容も有形資産から無形資産やサービス取引へと拡大しています。また「移転価格税制」が全世界的に適用強化の傾向にある中で、デロイト トーマツ グループは企業が海外ビジネス戦略の目的を遂行しつつ、各国の移転価格税制を遵守し、移転価格更正リスクや対応コストを低減するためのコンサルティングサービスを提供します。

お役に立ちましたか?