ナレッジ

2015年度 夏の予算案

Global Tax Update:2015年7月13日号/英国

2015年7月8日に財務大臣から新政府としての予算案が発表された。本予算の主題は英国の経済の安定であり、2018/19年度までに財政赤字を解消することが強調された。過去2年間の英国における強い経済状況を背景に、英国が今後もグローバル経済の中心であり続けるための税制改正案が発表された。(Global Tax Update:2015年7月13日号/英国)

関連コンテンツ

7月8日に財務大臣から新政府としての予算案が発表された。英国に投資する日系企業に影響する主要な項目は以下のとおりとなる。予算案の全体に関するより詳細な説明・コメントについては、デロイト UKのウェブサイト(英語)を参照されたい。

(1) 法人税
(2) 租税回避防止規定
(3) コンプライアンス
(4) 個人所得税

今回の予算案では、政府の財政赤字を解消するために必要とされる50億ポンドの税収増と120億ポンドの社会福祉関連支出の削減をいかに達成するかが明確にされた。公共支出の削減は、2015年のSpending Reviewにて議論される見込み。

 

>> Click for English [Summer Budget 2015 announced]

(220KB, PDF)

関連サービス

サービスのご案内

安定的で持続可能な成長のため海外に進出している、または、これから進出を予定している日系企業が、事業運営上の目的と整合した形でバランスをとりながら、グローバルな観点から適切な税務リスクの管理・税金コストの最適化を図れるよう、デロイトのグローバルネットワークを活用し、日系企業の海外投資に関する国際税務問題についてワンストップのサービスを提供します。

お役に立ちましたか?