ナレッジ

英国2016年予算案:日系企業グループへの影響

Global Tax Update:2016年3月号/英国

2016年3月16日、英国財務大臣より政府の長期的目標に対する取組みの見直しとともに、本年度の予算案が発表された。今回の発表では、英国の将来の安定性および依然として「open for business」であることが強調された。(Global Tax Update:2016年3月号/英国)

関連コンテンツ

歴史的な低失業率および主要先進国の中でも依然として高い成長率を背景に、政府は強気な方針を示すこともできたが、先行き不透明な世界経済の現状およびEUにおける英国の立場の不確定要素とのバランスも考慮した内容となっている。

本ニュースレターでは、本予算案の中から、特に日系企業グループに対する影響が大きいと考えられる項目について解説する。

  • ビジネスタックスロードマップ
  • 業種別項目
  • コンプライアンス

     

>> Click for English [UK Budget 2016 : Japanese Business Tax]

 

(237KB, PDF)

関連サービス

サービスのご案内

安定的で持続可能な成長のため海外に進出している、または、これから進出を予定している日系企業が、事業運営上の目的と整合した形でバランスをとりながら、グローバルな観点から適切な税務リスクの管理・税金コストの最適化を図れるよう、デロイトのグローバルネットワークを活用し、日系企業の海外投資に関する国際税務問題についてワンストップのサービスを提供します。

お役に立ちましたか?