ナレッジ

租税回避に対する罰則強化:包括的租税回避否認規定(GAAR)修正ガイダンスに関する協議 ほか

Global Tax Update:2015年2月号/英国

英国政府は、「租税回避スキームの常習利用者」を対象とする新しい措置および包括的租税回避否認規定(General Anti-Abuse Rule(GAAR))が適用された場合の具体的な新罰則規定導入に関する協議を行っている。(Global Tax Update:2015年2月号/英国)

関連コンテンツ

本ニュースレターでは以下のトピックに分けて解説する。

1. 租税回避に対する罰則強化:包括的租税回避否認規定(GAAR)修正ガイダンスに関する協議
2. 上場企業の株式公開買付け(takeover)における減資の規制
3. 期日前支払割引に係るVATに関するHMRCガイダンス

 

>> Click for English [Strengthening Sanctions for Tax Avoidance: consultation; revised GAAR guidance]

(189KB, PDF)

関連サービス

サービスのご案内

安定的で持続可能な成長のため海外に進出している、または、これから進出を予定している日系企業が、事業運営上の目的と整合した形でバランスをとりながら、グローバルな観点から適切な税務リスクの管理・税金コストの最適化を図れるよう、デロイトのグローバルネットワークを活用し、日系企業の海外投資に関する国際税務問題についてワンストップのサービスを提供します。

お役に立ちましたか?