ナレッジ

北アイルランド法人税、ほか

Global Tax Update:2016年2月号/英国

北アイルランド法人税法(The Corporation Tax (Northern Ireland) Act)は、北アイルランド行政府(Northern Ireland Executive:行政府)がStormont House合意に基づく施策およびそれに続く改革の成功を含む財政の持続可能性を示すことを条件に、北アイルランドがほとんどの事業所得について独自の法人税率を定める権限を認めている。行政府は新税率(12.5%)を2018年4月から適用すると発表している。(Global Tax Update:2016年2月号/英国)

関連コンテンツ

(1) 北アイルランド法人税

北アイルランド法人税法(The Corporation Tax (Northern Ireland) Act)は、北アイルランド行政府(Northern Ireland Executive:行政府)がStormont House合意に基づく施策およびそれに続く改革の成功を含む財政の持続可能性を示すことを条件に、北アイルランドがほとんどの事業所得について独自の法人税率を定める権限を認めている。行政府は新税率(12.5%)を2018年4月から適用すると発表している。

(2) ハイブリッド ミスマッチ規定:事例集の発表

2015年12月22日、ハイブリッド ミスマッチに関する法案の適用事例集が公表された。

(3) VATの国内リバースチャージ方式:2月1日から卸売電気通信サービスに適用

一定の卸売電気通信取引に「リバースチャージ」方式に基づく付加価値税(Value Added Tax:VAT)を導入する新制度が発表された。

(4) VATグループ制度:改正に関する諮問を今春開始

Skandia America Corporation訴訟ならびにBeteiligungsgesellschaft Larentia + Minerva mbH & Co. KGおよびMarenave Schiffahrts AGの共同訴訟における欧州司法裁判所(Court of Justice of the European Union)の判決に対応し、HMRCは、VATグループ新制度について検討するため、経済団体との会合を行うと発表した。

 

>> Click for English [Northern Ireland corporation tax]

 

(198KB, PDF)

関連サービス

安定的で持続可能な成長のため海外に進出している、または、これから進出を予定している日系企業が、事業運営上の目的と整合した形でバランスをとりながら、グローバルな観点から適切な税務リスクの管理・税金コストの最適化を図れるよう、デロイトのグローバルネットワークを活用し、日系企業の海外投資に関する国際税務問題についてワンストップのサービスを提供します。

お役に立ちましたか?